www.justatoilet.com

身近なカラコン事情

はじめまして。私は19歳2児の母親で専業主婦をしてます。
今回私達若者には身近なカラコン事情について書きたいと思います。
私は小学生の頃から目が悪く中学生になる頃にはコンタクトを使用していました。
もちろん、カラコンです。使用してまだ間もない頃は使用期限もきちんと守っていましたが・・・だんだん眼科でなくても購入出来るようになり、使用期限も1日~1年までと幅も広がり、身近になりすぎて使い方が疎かになってしまいました。(1日用の物を1ヶ月使ったり(^^;))
周りの友達も男女問わず使い出した頃には期限よりも目が痛くなったら変える!!くらいのペースになっていました(^^;)詳しい情報は乱視用 カラコンをご利用ください。

 

そんな生活を5年近くしていればカラコンは目に張り付いて取るときはもう絶叫モノでした。運転していても瞼が開けれなくなり、泣く泣く眼科へ・・・
医者にはこっぴどく叱られました?( ?_?)?
眼球の表面にある粘膜がカラコンで剥がれてボロボロになっていました。
今では笑い話ですが、私の知人はカラコン装着のまま寝てしまい、翌朝カラコンが目の中で破け、眼球の裏にまで回っていたとか・・・恐ろしいです…

 

今では1日用をもったいない…と思いつつ使い捨てしています(笑)
と…若者を代表して書いてみました。
手頃な値段な所も若者には優しいのか酷なのか…(笑)